QUIETCOMFORT EARBUDS2のアイキャッチ画像

サウンド関連 商品レビューの巻

Bose QuietComfort Earbuds Ⅱのレビュー

2022年12月17日

2022年9月Boseから次世代の完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンが発売となりました。

前作より軽量化、史上最高のノイズキャンセリング、長時間の装着感を向上させているようです。

Boseはノイズキャンセリングに定評があり、電車通勤でより快適な音楽鑑賞を期待して購入しました。

1か月ほど使ってみた感想をレビューします

定価¥36,300

amazonブラックフライデーセールで¥33,000で購入しました

いいところ

  • ノイズキャンセリングが強力で騒音の大きいところでも、小さい音量で音楽を聴くことができる
    • 毎日の通勤電車で使うので、小さい音量で使えるのは耳への負担が少なく、たいへん満足しています
  • 低音の再現がすばらしい

残念なところ

  • 価格が高め
    • Ankerのイヤホンに対し価格は2倍以上だか、「ワイヤレス充電」、「マルチポイント接続」、といった機能がない

QuietComfort Earbuds Ⅱの外観

QuietComfort Earbuds Ⅱの外箱

外箱(写真左)サイズは非常に小さく

W90×H90×D55

写真右はSoundcore Liberty4の外箱です

QuietComfort Earbuds Ⅱの梱包内容

梱包内容

  • スタートガイド
  • 充電ケース
  • USB A-Cケーブル(約30㎝)
  • イヤーチップ(サイズS,L)
  • 固定バンド(サイズ2,3)
  • 安全上の注意書き

イヤーチップのMサイズ、固定バンドのサイズ1がイヤホンに取付られています

付属のイヤーチップでサイズが合わない場合、別売になりますがXSとXLサイズがセットで販売されています

QuietComfort Earbuds Ⅱの充電ケース

充電ケースのフタ

フタは1軸での回転式

QuietComfort Earbuds Ⅱの操作部

充電ケースの操作部

  • 背面ボタン
    • ペアリング時に長押し
    • 再起動時に長押し
  • USB-Cポート
  • ステータスインジケーター(充電量やエラー表示)
    • 充電中はオレンジ色
    • 充電完了で白色
QuietComfort Earbuds Ⅱのイヤホン

イヤホン

幅広のスティックタイプといった形状

「BOSE」の印刷部がタッチセンサになっています

イヤーチップの差込部は楕円になっているので、代替のイヤーチップが限られてきます

QuietComfort Earbuds Ⅱの重量

製品重量

充電ケース:60g

イヤホン:14g(左右合計/イヤーチップと固定バンド込)

QuietComfort Earbuds Ⅱの使い方

BOSE MUSIC」アプリで、QuietComfort Earbuds Ⅱの設定をおこないます

BOSE MUSIC」アプリは「Google Play」、「App Store」からダウウンロードします

BOSE MUSICのアプリダウンロード

画像をクリックすると画像を拡大できます

  • 「Google Play」のダウンロード画面
  • 「My BOSEアカウント」を作成
  • ペアリング設定画面

ノイズキャンセリングの設定

BOSE MUSICのメイン画面

画像をクリックすると画像を拡大できます

  • メイン画面で「モード」を選択
  • ノイズキャンセリングのモードを選択
    • 「クワイエット」:Acoustic Noise Cancellingテクノロジーにより周囲の音を消す
    • 「アウェア」:ノイズキャンセリングレベルを自動調整して、周囲の音を適度に取り込む
    • 「モードの作成」:好みのノイズキャンセリングレベルのモードを追加できる
  • 「・・・」を選択するとモードの保存設定画面へ移動
  • 次回接続時に、最後に設定したモードを使用するかを設定する

ノイズキャンセリングをタッチ操作でおこなうには、「ショートカット」から設定します

BOSE MUSICのショートカット

画像をクリックすると画像を拡大できます

「モード順に切り替える」を選択するとノイズキャンセリングが登録した順に切り替え可能

  • メイン画面で「ショートカット」を選択
  • 左ショートカットで「モード順に切り替える」または「音声アシスタントにアクセスする」を選択する
  • 右ショートカットで「モード順に切り替える」または「音声アシスタントにアクセスする」を選択する

イコライザーの設定

BOSE MUSICのイコライザー設定

画像をクリックすると画像を拡大できます

  • メイン画面で「イコライザー」を選択
  • デフォルトはフラットな設定になっています
    • 手動で好みのイコライザー設定が可能
  • プリセット4種類の「イコライザー」からも選択できます
    • 「低音増強」
    • 「低音減衰」
    • 「高音増強」
    • 「高音減衰」
  • 例として「低音増強」の画面です

QuietComfort Earbuds Ⅱの使用感

ノイズキャンセリング

私の普段の生活で最大の騒音を受けるのは、通勤電車でトンネルや地下に入った時です

これまではAnker製イヤホンを使用していましたが、その60%程度の音量で問題なく聞こえます

ホームや社内のアナウンスは問題なく聞こえます

小さい音量で使えるのは、長い目で見て耳への負担も小さいと考え、通勤用のメインイヤホンとして使うことにします

音質

とにかく低音が強力な印象です。高音側は少しこもった感じに聞こえます

低音にこだわらなければ、音質だけで「QuietComfort Earbuds Ⅱ」を選ぶ必要はないと考えます

外音取り込み

よくある「サー」というホワイトノイズのような音は感じられず、自然な感じで外音を聞くことができます

装着感

イヤホンの外周に固定バンドがあるので耳にフィットしやすく、普通に歩いているだけで取れそうな感じは有りません

QuietComfort Earbuds Ⅱの主な仕様

Liberty4」と比較します

項目QuietComfort Earbuds ⅡLiberty4
定価¥36,300¥14,990
重量イヤホン約14g(左右合計)/約74g(充電ケース含む)イヤホン約11.6g(左右合計)/約55g(充電ケース含む)
防塵防滴IPX4IPX4
ノイズキャンセリングBose史上最高のノイズキャンセリングウルトラノイズキャンセリング2.0
充電時間イヤホン 1時間
充電ケース+USBケーブル 約3時間
イヤホン 約1時間
充電ケース+USBケーブル 約2時間
充電ケース+ワイヤレス充電器 約3時間
連続使用時間通常モード:6時間
(充電ケース使用時24時間)
通常モード:約9時間
(充電ケース使用時28時間)
ノイズキャンセリングモード:約7時間
(充電ケース使用時24時間)
通常モード(LDAC使用時):約5.5時間
(充電ケース使用時16.5時間)
充電部USB-CUSB-C/ワイヤレス充電
Bluetoothバージョン5.35.3
オーディオコーディックSBC/AACSBC/AAC/LDAC
マルチポイント接続非対応2台まで
保証期間1年18カ月+6カ月(Anker会員登録後)
主な仕様

保証期間は1年ですが、¥1,560円で長期保証プラン(5年)を付けました

QuietComfort Earbuds Ⅱのまとめ

  • ノイズキャンセリングが強力なので、喧騒の中で使うには最適
    • 通勤電車の中でも、より小さい音量で使えるので耳への負担も小さく快適です
  • 音質は低音が強く、高音は少しこもった感じ
    • 低音のきいたクラッシック、映画に向いています
    • YouTubeなど音声メインのコンテンツであれば、高音は問題ないと考えます
    • LDACには対応していませんが、個人的にハイレゾを聞き分けられないので気にしていません
  • Anker Liberty4など価格が半分以下の製品より、「ワイヤレス充電」、「マルチポイント接続」といった機能が無いのが少々残念

価格は高いですが、通勤用に特化して使うイヤホンとして大変満足しています

騒音の中でも小さめの音量で、イヤホンを使いたいあなたにおすすめです


yosiyosi

ここまでお読みいただきありがとうございました



-サウンド関連, 商品レビューの巻