骨伝導イヤホンアイキャッチ画像

サウンド関連 商品レビューの巻

ワイヤレス骨伝導イヤホンの比較

2022年3月6日

骨伝導イヤホンはどのようなものか、またこれまで実機レビューした製品について整理します

骨伝導イヤホンとはどのようなものか

骨伝導イヤホンの原理

下図はカナル型イヤホンと骨伝導イヤホンの音経路の比較です

骨伝導のルートと聴覚器官の説明図

カナル型イヤホンは耳の穴から、骨伝導イヤホンは頭蓋骨を経由して「蝸牛」という器官で音の振動を電気信号に変換する

骨伝導イヤホンは鼓膜に損傷を与えにくい

このような伝達経路の違いから、メリット・デメリットがあります

骨伝導イヤホンのメリット

  • 耳の穴をふさがないから、環境音も聞こえる
    • 誰かから呼ばれたとき、後ろから自動車が来たとき、宅配でピンポンが鳴ったときなど気づきやすい
  • 耳の穴をふさがないから、衛生的
    • 耳の中が蒸れない
    • 耳の中の汚れがイヤホンに付かない
  • 鼓膜への負担が少ない

骨伝導イヤホンのデメリット

  • 音の表現が弱い
    • 特に低音が弱い
  • ボリュームを大きくすると音漏れがする
    • 電車の中では使いにくい
    • 電車の中ではノイズキャンセリング機能付のカナル型イヤホンがおすすめです

骨伝導イヤホンの種類

現在骨伝導イヤホンとして販売されているものは、大きく分けて2種類あります

shokzの装着時

耳珠近辺に振動部を押し付けるタイプ

  • 装着が簡単
  • 音の振動が伝わりやすい
  • 左右の締め付け力が、頭のサイズによって変わってくる(個人的には2時間くらい付けていると痛い)
  • 左右をつなぐフレームが、椅子のヘッドレストやコートのフードに当たってずれる時がある
Bocoの装着時

耳介に振動部を挟み込むタイプ

  • 慣れるまで装着の向きに戸惑う
  • 左右をつなぐフレームが無いので軽い
  • 長時間の着用でも痛くならない
  • 眼鏡フレームと干渉しにくい

ワイヤレス骨伝導イヤホンの実機レビュー

Shokz OPENRUN PRO

OPENRUN PROの外観

低音強化されたShokzの最新機種

  • 低音が強化され、音空間の広がりを感じる
  • 急速充填に対応
  • 10時間の長再生時間
  • Shokz初のスマホアプリ対応

詳細は関連記事をご覧ください

Shokz Aeropex

Aeropexの外観

軽量で防水性能が高くスポーツに最適

  • 高音の再現性が高い
    • OPENRUNよりクリアに聞こえる
  • Shokzの中では26gと軽量
  • 8時間の長再生時間

詳細は関連記事をご覧ください

Shokz OpenMove

OpenMoveの外観

1万円以下のスタンダードモデル

  • Shokzの中では価格が安く入門機に最適
  • USB-Cケーブルで充電可能
  • 6時間の再生時間

詳細は関連記事をご覧ください

boco PEACE SS-1

完全ワイヤレス骨伝導イヤホン

「 PEACE TW-1」から進化

  • 高音がよりクリアになった
  • 感圧ボタンにより誤操作しにくい
  • 丸みのあるスマートなデザイン
  • アーチ部の耐久性が向上

boco PEACE TW-1

PEACE TW-1の外観

初の完全ワイヤレス骨伝導イヤホン

  • 軽量で長時間の装着が可能
  • USB-Cケーブルで充電可能
  • メガネに干渉しない
  • コンパクトで持ち運びが楽

詳細は関連記事をご覧ください

PHILIPS TAA6606

TAA6606アイキャッチ

Team Jumbo-Vismaとの共同開発

  • 夜間でも周囲から認識しやすい、ランニングライト搭載
  • IP67なのにUSB-Cケーブルで充電可能
  • Blootooth 5.2
  • 再生時間はOPENRUN PROに迫る9時間

詳細は関連記事をご覧ください

ワイヤレス骨伝導イヤホンの仕様の比較

横スクロール➡ OPENRUN PRO Aeropex OpenMove PEACE SS-1 PEACE TW-1 TAA6606
画像

定価 23,880円 19,998円

9,999円

11,880円

2022/8/1改訂

21,780円

15,950円 13,750円
重量 29G 26g 29g 15g 18g 35g
防塵防滴 IP55

IP67

(水泳除く)

IP55 IPX7 IPX7 IP67
再生時間 10時間 8時間 6時間 8時間 5時間 9時間
充電時間 約1時間 約2時間 約2時間 約50分 約1.5時間 2時間

マルチポイント

ぺアリング

2台まで 2台まで 2台まで 非対応 非対応 非対応
保証期間 2年間 2年間 2年間 1年間 1年間 1年間
充電部 マグネット式 マグネット式 USB-C USB-C USB-C USB-C
対応プロファイル

A2DP,AVRCP,HPS

HFP

A2DP,AVRCP

HPS,HFP

A2DP,AVRCP

HPS,HFP

A2DP,AVRCP

HPS,HFP

A2DP,AVRCP

HPS,HFP,SPP

A2DP,AVRCP

HFP

オーディオコーディック SBC SBC SBC

SBC

aptXadaptive

SBC SBC
Bluetoothバージョン Bluetooth V5.1 Bluetooth V5.0 Bluetooth V5.1 Bluetooth V5.2 Bluetooth V5.0 Bluetooth V5.2
急速充電

5分で最大

1.5時間

の使用

非対応 非対応

10分の充電で

4時間連続

使用が可能

非対応 非対応
仕様比較
  • 「OPENRUN PRO(1本)」と「Aeropex(2本)」はマグネット式のケーブルが付属
    • 反対側はUSB-Aタイプのコネクタです
    • ネットでケーブルだけ購入可能
  • Shokzには満足できない場合、「30日間の返品・返金保証」があります
    • 保証を受けるには一定の条件有り
    • 詳しくはこちらのShokzHPへ

ワイヤレス骨伝導イヤホンの使用感比較

これまで使ってみた個人的な感想です

横スクロール
します➡
OPENRUN PRO Aeropex OpenMove PEACE SS-1 PEACE TW-1TAA6606
画像
高音域の聞こえ方☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
中音域の聞こえ方☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
低音域の聞こえ方☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
音もれのしにくさ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
長時間の装着☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
割安感☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
おすすめ度★★★☆☆★★★★★★★☆☆★★★☆☆★★★★★★★☆☆
個人的な評価

ワイヤレス骨伝導イヤホンのまとめ

  • 大音量での使用はおすすめしません
    • 音もれが発生し、周囲の人の迷惑になる
    • 骨伝導イヤホンは鼓膜への負担は少ないが、難聴にならないという証明は有りません
  • 骨伝導イヤホンの利点は、周囲の音も聞けることです
    • 会社・自宅でのデスクワークやWEB会議中に、周りの人とのコミュニケーションが取り易い
    • 家族の呼ぶ声、宅配の呼び鈴が分かり易い
    • ランニング中、後方から来る自動車のエンジン音が分かり易い
  • 購入する場合それぞれ特徴があるので、用途と価格に応じて選んでください
  • 購入は「楽天市場」、「Amazon」のセールがおすすめです
yosiyosi

ここまでお読みいただきありがとうございました




9/4(日)20:00スタート

-サウンド関連, 商品レビューの巻