bocoアイキャッチ画像

サウンド関連 商品レビューの巻

【骨伝導ワイヤレスイヤホン】boco PEACE SS-1 レビュー

2022年8月24日

世界初の「完全ワイヤレス骨伝導イヤホン:PEACE TW-1」発売から2年を経て、クラウドファンディングで新製品「PEACE SS-1」が発売となりました

一般販売は8/26からブラック、ホワイトは9月から

定価:¥21,780(税込み)

PEACE TW-1」は左右独立型でこめかみを締め付けられことが無く、長時間装着していても痛くならないので、主にYou Tubeのを見ながらの作業中に使用しています

そんな「PEACE TW-1」からさらなる進化を期待して、「PEACE SS-1」をクラウドファンディングで購入しました

早割(25%OFF)の¥16,300で購入しました

いいところ

  • PEACE TW-1」より高音が非常にクリアになった
  • 「感圧式ボタン」になり誤操作が少なくなる
  • 丸みのあるスマートなデザイン

残念なところ

  • 「感圧式ボタン」の操作に慣れが必要
  • 低音の再現がいまひとつ

PEACE SS-1の外観

PEACE SS-1の外箱

しっかりとした梱包です

PEACE SS-1の付属品

付属品

  • USB A-Cケーブル(約75㎝)
  • 取扱説明書

クレードルはSS-1のほうが一回り大きいが、全体がR形状のため小さく見えます

PEACE SS-1のクレードル比較

幅Wと高さHはSS-1が大きい

SS-1:W76×H39×D44

TW-1:W71×H36×D44

イヤホン本体はSS-1が小さく、軽くなっています

PEACE SS-1のイヤホン本体比較

SS-1:w30×H26×D2814g

TW-1:w32×H26×D30、18g

イヤホン本体が軽くなり、長時間の装着がさらに楽になりました

PEACE SS-1の使い方と使用感

イヤホン本体とクレードルを充電

イヤホン本体をクレードルに入れて、付属のUSBケーブルで充電します

PEACE SS-1の充電

表示ランプ

  ・1個点灯:残量25%未満

  ・2個点灯:残量25~49%

  ・3個点灯:残量50~74%

  ・4個点灯:残量75~100%

  

USB-Cポート

10分の充電で4時間連続使用が可能

イヤホン本体の装着

耳介の前後をはさむように装着します

アーチ部が「PEACE TW-1 」より柔らかくなり、装着でのストレス感が小さくなっています

PEACE SS-1の装着

アーチ部はチタン芯材が一体成型されていて、

耐久性も増している

イヤホン本体操作部の押し方

操作部は「感圧式ボタン」を採用し「タッチセンサ式」のイヤホンのように、触っただけで誤動作することはありません

ただし物理ボタンのように押し込む感覚が無いので、「感圧式ボタン」を押す力加減とタイミングは慣れが必要です

PEACE SS-1の感圧式ボタン

「boco」のロゴマークの上にある「丸い突起」付近を押す

操作のコツとしては「感圧式ボタン」を押したら、すぐに力を緩めます。

ゆっくり操作していると反応しません

機能の操作方法

イヤホン本体操作部では、以下の操作をおこなうことが出来ます

機能操作
音量アップR側イヤホン本体の操作部を1回押す
音量ダウンL側イヤホン本体の操作部を1回押す
曲再生/停止L側またはR側のイヤホン本体の
操作部を2回押す
曲送りR側イヤホン本体の操作部を3回押す
曲戻しL側イヤホン本体の操作部を3回押す
電話受話/終話L側またはR側のイヤホン本体の
操作部を2回押す
ペアリング履歴削除L側またはR側のイヤホン本体の
操作部を早く5回押し、青ランプ点灯後
更に早く3回押す

「感圧式ボタン」の押し方に慣れないと、誤操作が多くなります

PEACE SS-1の再生音質

音質は「PEACE TW-1 」のこもった感じがなくなり、高音は非常にクリアになりました。

 

低音は「PEACE TW-1 」からの変化は感じられません

トータルの音質としては、「Shokz Aeropex」の音質に近い印象です

TW-1とマイク収音の比較

収音の性能は「PEACE TW-1 」からの変化は感じられません

結果についてはYouTube動画をご覧ください

TW-1とノイズキャンセリングの比較

ノイズキャンセリング機能も「PEACE TW-1 」と変わらないレベルでした

結果についてはYouTube動画をご覧ください(自動車内での録画です)

PEACE SS-1の主な仕様

「PEACE TW-1 」と比較します

項目PEACE SS-1PEACE TW-1
写真
クレードル寸法(実測)W76×H39×D44W71×H36×D44
イヤホン寸法(実測)w30×H26×D28w32×H26×D30
重量イヤホン約15g(左右合計)/クレードル約54gイヤホン約18g(左右合計)/クレードル約43
防塵防滴IPX7IPX7
充電時間イヤホン約50分/クレードル約100イヤホン約90分/クレードル約120分
連続使用時間8時間(クレードル併用で24時間)約5時間(クレードル併用で12時間)
充電部USB-CUSB-C
Blootooth Ver.5.25.0
Audio CodecSBC/aptX adaptiveSBC
対応プロファイルA2DP,AVRCP,HPS,HFPA2DP,AVRCP,HPS,HFP,SPP
操作ボタン感圧式ボタン物理ボタン
保証期間1年間1年間
主な仕様

PEACE SS-1のまとめ

  • 音質は「PEACE TW-1 」のこもった感じがなくなり、高音は非常にクリアになりました。
    • 低音は変化なしといった印象
  • マイクの収音、ノイズキャンセリングとも「PEACE TW-1 」と大差はないです
    • WEB会議には十分使えるレベルです
  • 「感圧式ボタン」を採用し「タッチセンサ式」のイヤホンのように、触っただけで誤動作しない
    • 「感圧式ボタン」の操作は押し方に慣れが必要です
  • イヤホン本体は更に軽くなり、連続使用時間も長くなっている。長時間の「ながら作業」での使用に最適です
    • アーチ部が「PEACE TW-1 」より柔らかくなり、装着でのストレス感がさらに小さくなっています
    • イヤーバンドが無いので椅子のヘッドレストもじゃまにならない、ベットであおむけに寝っ転がれる

「 SS-1」は家の中で長時間、ストレスなく使いたいあなたにおすすめです。デザイン、音質にこだわらなければ価格の安い「PEACE TW-1 」をおすすめします

yosiyosi

ここまでお読みいただきありがとうございました



9/4(日)20:00スタート

-サウンド関連, 商品レビューの巻